2017-07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポークビーンズの作り方



  豆が苦手のマーちゃんが、ぼくの豆料理で唯一好物なのが、このポークビーンズです。


  今回はキッチンがスタンドということもあり、トマト缶なしのケチャップバージョンです。

  ぼくはチリビーンズのほうがお勧めなので、今回は両方のレシピを載せます。


  省略出来るところも書いていきますので、是非1度作ってみてくださいね。

EOS_20100311_130


  たまねぎとニンニクを、みじん切りにして下さい。

  今回は、しょうがも入れることにしました。

  練りショウガで十分代用可能です。

EOS_20100311_113


  サラダオイル、オリーブオイル等で、ニンニクを炒めます。

EOS_20100311_114


  次は、たまねぎを炒めます。

  時間に余裕があるときに、10分くらい炒めてあめ色になったたまねぎを、

  大量に作っておいて冷凍保存しておくとこういうときに重宝します。

EOS_20100311_115


  ぼくは、ニンニクとパセリを一緒にみじん切りにしたものを、いつも作り置きしています。

  ついでにそれを加えましたが、省略していただいても結構です。

EOS_20100311_116


  今回は、豚のバラ肉を使います。

  ベーコンでも、ミンチ肉でもお好みの肉を使ってください。

EOS_20100311_117


  食べやすいサイズに肉を切り分けます。

EOS_20100311_118


  肉を、鍋に加えます。

EOS_20100311_119


  軽く塩コショウして炒めます。

EOS_20100311_120


  ここで主役の大豆の登場です。

  手っ取り早く、水煮を使っても良いですし、

  ぼくのように乾燥豆から戻しておく方法もあります。

EOS_20100311_121


  大豆を入れたら、軽く炒めます。

  自作イタリアンビーンズは、煮汁もこういうときに役立ちますので、ぜひ挑戦して下さいね。

EOS_20100311_122


  トマト本来の風味大好きの方は、ここでトマト缶を入れて下さい。

  今回はトマト缶も無いので、ケチャップを入れました。

EOS_20100311_123


  白ワインを加えます。

EOS_20100311_124


  ここからの香辛料は、チリビーンズに近づけるためなので、

  ポークビーンズの場合は必要ありません。


  まず、辛さをチリペッパーで・・・。
  
EOS_20100311_125


  ぼくの場合は、相当量をかけました。

EOS_20100311_126


  うちでチリビーンズを作るときは、チリパウダーを使っているのですが、

  今回は無いので、クミンで代用しました。

EOS_20100311_127


   甘さが足りないときは、ケチャップを足してみてください。

   ゆっくり弱火で煮込んで、豆に味がしみ込んだら出来上がりです。
   
EOS_20100311_128




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shouwanotaka.blog55.fc2.com/tb.php/83-3ef64235

| HOME |


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

FC2Ad

まとめ


edita.jp【エディタ】
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。