2008-10<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩漬け肉3作目



8月11日

PATRIA MINHAで、1.4キロの豚バラブロックを作ってもらいました。

IMG_1017.jpg

味付けは、塩90g、砂糖15g、セージ、タイム、オールドスパイス、シナモン、黒胡椒少々です。

IMG_1016.jpg

これから、冷蔵庫で塩漬け開始です。

IMG_1019s.jpg




8月27日

長い塩漬け期間も終わりました。

今回のブロック肉は、でか過ぎて、フライパンに入り切りません。

IMG_1212.jpg

3個に切り分け、塩抜きを30分ほどしました。

IMG_1213.jpg

水気を取り、軽く黒塩コショウをすり込みました。

IMG_1215.jpg

今回は、発砲スチロールの皿と、網を使いました。

IMG_1216.jpg

冷蔵庫で、風乾スタートです。

IMG_1217.jpg



9月4日

冷蔵庫での風乾8日目、薄く切って食べてみたら、美味しかったので、
これ以上表面が硬くならないように、ラップをしてさらに冷蔵庫に保存しました。

IMG_1259.jpg

今回は、塩抜きをしたので、少し薄味で、
香辛料のほのかな香りがして、COOにも好評でした。

IMG_1262.jpg

スポンサーサイト

2作目は、肩ロース薄味

6月22日

綺麗な豚肩ロースが手に入ったので、さっそく塩漬けにしました。
前回のバラ肉と違い、脂身が少ないので、また違う感じになると思います。

IMG_0595a.jpg


7月8日

今回は流水で30分、塩抜きします。
塩味を少し薄めにするためです。

IMG_0726a.jpg

軽く塩コショウをすり込み、、風乾スタート。

IMG_0730a.jpg


8月11日

完成・・・ぼくとしては、もう少し塩が効いてるほうが、好みでした。(写真上)

IMG_1020a.jpg

RF1のオイル交換



ステップワゴンを買って、初めてのオイル交換です。

ホンダ車にしては、分り安い場所に、ドレンボルトが見つかったので、ホッとしました。

IMG_2031.jpg

17のメガネレンチで緩めます。
固い時は、叩く様にすると、簡単に緩みます。

IMG_2033.jpg

オイルが掛からないよう、押しながら緩め、最後は一気に取り外しましょう。
パッキンは、几帳面な方は新品にされるようですが、ぼくは気にせず、いつも再利用しています。
ドレンボルトは、締めすぎないように注意してください。

IMG_2034.jpg

オイルの量は、取扱い説明書に載っていますので、正確に計って下さい。
説明書が無い場合は、ゲージを確認しながら、入れ過ぎに注意して、少しずつ入れて下さい。
ジョッキだけでは届かない時など、ペットボトルの手作りジョウゴを作っておくと重宝しますよ。

IMG_2044.jpg

ぼくは3000kmを目安に、目に付きやすい場所にステッカーを、貼るようにしています。

IMG_2050.jpg

しばらく置いて、オイルゲージで計ります。

IMG_2051.jpg

大体ゲージの上下の穴の間は、1リッターのようです。

IMG_2055.jpg

ステップワゴンにマフラーアーシングしてみました

アーシングとセットで入っていた、マフラーアーシング。

調べてみると、良さそうなので、RF1に取り付けることにしました。

IMG_2030.jpg

まず、ここに1本目を取り付けます。
ネジが錆付いているので、CRC-556を吹き付けます。

IMG_2032.jpg

思ったより、スムーズに緩みました。

IMG_2035.jpg

1本目、完了です。

IMG_2037.jpg

2本目は、ボンネットを開けて、写真中央のネジに、取り付けます。

IMG_2038.jpg

これで、マフラーアーシング完了です。

IMG_2040.jpg
IMG_2053.jpg

塩漬け肉 1作目


ずーと憧れていた塩漬け肉。

その塩漬け肉が、ベーコンをつくる途中で出来てしまいました。
1作目の過程を、まとめてみました。


6月3日

ユーストアに買い物に行ったら、ベーコン用の豚バラブロックが、お手頃価格で見つかったので、
2パック買ってきて、早速COOに塩漬けにしてもらいました。

IMG_0463a.jpg


6月5日

塩漬け、2日目。
毎日、出てくる水分を取り除きます。

IMG_0478a.jpg
IMG_0479a.jpg


6月13日

塩漬けを始めて、10日ほどたったので、今日から冷蔵庫で風乾します。
黒胡椒と塩をすり込みました。

IMG_0538a.jpg


6月24日

冷蔵庫で12日間乾かしておいた塩漬け肉を、COOに初めて、食べてもらいました。

IMG_06051a.jpg

美味しかったので、ベーコンにはしないで、塩漬け肉として完成です。

IMG_06101a.jpg


星空の撮り方


今夜は、綺麗な星空でしたね。

長時間露出を使って、星空を撮ってみました。
ブレを防ぐため、三脚に固定し、セルフタイマー撮影です。
デジカメは、すぐ画像確認出来るので、シャッター速度の変化で、イメージに近づけましょう。

今回は、絞り8で固定して、15秒~20秒です。

F8 15秒 ISO100
IMG_9268.jpg
F8 20秒 ISO200
IMG_9272.jpg
F8 20秒 ISO200
IMG_9273.jpg
F8 20秒 ISO200
IMG_9274.jpg

ドアノブの空回りを修理


裏庭へのドアのノブが、空回りするようになってきました。
とくに、ボルドーたちを犬舎から出すために、その日最初に開ける時など、大変です。

IMG_1971.jpg

だめでもともと、とにかく、全てのネジを外して見ることにしました。

IMG_1967.jpg

ドアの中から出した、本体のネジが緩んでいました。
締めて取り付けたらよかったのですが、逆にネジを緩めて、蓋を外してしまいました。

IMG_1968.jpg

蓋を開けた瞬間、ばねが飛び出してきました。
それから、ばらばらにして格闘する事数十分・・・ばねを、元に戻す事は出来ませんでした。

IMG_1972.jpg

ばね抜きで、組み立て、調整しながらドアにセット。
なんと、直っていました。

IMG_1973.jpg

最悪の事態も覚悟していたので、ほっとしました。
結局、あのばねは何だったんでしょうか?

IMG_1974.jpg


ヘッドライト球の交換


8日の夜、ステップワゴンの左ヘッドライトが切れている事に気付きました。
H4バルブの在庫はあったので、さっそく交換する事にしました。

IMG_1930.jpg

何かはじめてみるバルブが出て来ました。
どうも、H1バルブと専用の台座のようです。

IMG_1933.jpg

H1は、在庫がなかったので、8日夜の交換は諦めました。
そして、オークションで、純正より明るくて白っぽいバルブを探す事にしました。
なんと・・・2個セットで、送料込み650円即決という商品が見つかったので、即落札。

IMG_1934.jpg


今日、落札しておいた、H1バルブセットが到着しました。

IMG_1945.jpg

早速、交換です。
今回は、純正のバルブと明るさも違うので、2本とも交換します。

まず、切れていない右から始めました。
最初に、カプラーを外します。

IMG_1946.jpg

つぎに、ゴム製のカバーを外すと、バルブの裏側が見えてきます。
針金のようなロックピンで、ヘッドライトユニットに、バルブは固定されています。
ロックを外し、バルブを取り出します。

IMG_1949.jpg

台座からH4バルブを外すとき、方向を憶えておいてください。

IMG_1951.jpg

バルブのガラス部分には、触れないよう注意して台座をセットします。
あとは、逆の手順で、取り付けます。

IMG_1952.jpg

今度は、切れている左のバルブの交換です。
こっちの方が、ヘッドライトユニットへの固定部分がよく見えます。

新しいバルブを、ロックピンでセットした状態から、今度は、取り付け方法を、説明します。

IMG_1953.jpg

ゴム製のカバーにも、上下があるので、気を付けてください。

IMG_1954.jpg

カプラーを付けて、終了です。

IMG_1955.jpg

山小旧校舎 ノーカット版


林良介氏作製の、永源寺町立山上小学校旧校舎のノーカット版です。

林氏のご好意で、ゆっくり撮らせていただけましたので、見逃した方に公開させていただきます。
昭和38年に姿を消した、思い出の木造の校舎が、今、蘇りました。

IMG_9221.jpg
IMG_9221b.jpg
IMG_9223.jpg
IMG_9224.jpg
IMG_9225.jpg
IMG_9226.jpg
IMG_9227.jpg
IMG_9228.jpg
IMG_9229.jpg
IMG_9230.jpg
IMG_9231.jpg
IMG_9232.jpg
IMG_9233.jpg
IMG_9234.jpg
IMG_9235.jpg
IMG_9236.jpg
IMG_9237.jpg
IMG_9238.jpg
IMG_9239.jpg
IMG_9240.jpg
IMG_9241.jpg
IMG_9242.jpg
IMG_9243.jpg
IMG_9243a.jpg
IMG_9244.jpg
IMG_9245.jpg

特大バックルの手入れ


常用している特大バックルを、久し振りに手入れする事にしました。

IMG_1914.jpg

ジャーマンシルバーではなさそうなので、少し心配ですが、いつも通りの方法で行く事にしました。

IMG_1915.jpg

固形石鹸を泡立てて、手のひらで擦り洗いします。

IMG_1916.jpg

ここまで、汚れが落ちました。

IMG_1917.jpg

初めての試みですが、ほんの少しコンパウンドが入っている、車用の液体ワックスを掛けてみました。

IMG_1918.jpg

超微量のコンパウンドで、仕上げました。

IMG_1919.jpg

1枚目の写真と比べてみてください。
ついでに、オイル切れしていたベルトやメディスンバック等も手入れしました。

IMG_1921.jpg

今回は、クレポリメイトでベルト周りの革製品の手入れをしました。
タオルに吹きかけて、拭くだけなので、超楽チンです。

IMG_1922.jpg

靴底修理、やっと完成!


3ヶ月も途中で放置しておいた、ブーツをやっと縫う事が出来ました。


今回は、シニュー糸と針だけ使用します。

IMG_1846z.jpg

糸の通しかたです。

IMG_1847z.jpg
IMG_1848z.jpg
IMG_1849z.jpg

蝋引きのシニュー糸の長さは、5倍くらい用意します。

IMG_1850z.jpg

今回は、1足を、左右に分けて縫います。

IMG_1851z.jpg

つま先から、縫い始めました。

IMG_1855z.jpg
IMG_1856z.jpg
IMG_1857z.jpg

最後まで縫い終わったら、3針くらい戻ります。

IMG_1874z.jpg

切るだけでもいいのですが、今回はくくっておきました。

IMG_1876z.jpg

左の外側が、完成しました。

IMG_1877z.jpg

つま先から、今度は内側を縫います。

IMG_1878z.jpg

数時間後、無事すべてを、縫い終わりました。

IMG_1880z.jpg


Z32にアーシング


オークションで、3台目のアーシングキットを落札しました。

IMG_1838.jpg

今回のキットは5本なので、どの車につけるか少し悩みましたが、Z32に付ける事にしました。
ネットで読んでいると、古い車ほど、効果については好評だったからです。

IMG_1839.jpg

ぼくの様な素人にも簡単に分かる、取り付け説明が見当たらず、
いくつもの画像から、共通するアーシング箇所を割り出すのに、苦労しました。
本当ならば、あと2箇所したかったのですが、今回はこれで5本を使い切ったので、完了です。

まず、全体画像です。

IMG_9206.jpg

右半分です。

IMG_9212.jpg

左側です。

IMG_9213.jpg

アーシング箇所を、アップで載せておきます。
初心者の方の、参考になれば、光栄です。

IMG_9198.jpg
IMG_9199.jpg
IMG_9200.jpg
IMG_9201.jpg
IMG_9204.jpg
IMG_9212.jpg

| HOME |


にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ

FC2Ad

まとめ


edita.jp【エディタ】
まとめ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。